お気持ち海水浴場

なんか書きたいときに書きます。

大学3年生になってしまった話

元号、発表されましたね。
テレビでなんとなくへらへら中継を見ていましたが、元号が変わるということをやっと実感できたような気がします。
まあ特に元号に思い入れがあるわけでもないので「変わるのかあ~~」くらいの軽い気持ちです。

で、新元号が発表されたということは2019年4月1日を迎えたということで。
4月1日。

大学3年生になってしまいました。

入学式がつい最近のような気がしますが、あれから2年経ち、大学生活も折り返し地点に来たわけです。

そんでね、折り返し地点を目前に控えたこの春休み、今までの大学生活を振り返ったり将来のことをぼんやり考えたりしました。

その中で思ったことを適当に書いてみます。
久々の”まじめなお気持ち表明文”なので適当に流し読みしてもらえれば。






Contents

大学3年生になりました

これまでの2年間について

だいがくにねんかんのおもいで
・とりあえずひっしにたんいをかいしゅうした
・さーくるでがんばった
・たくさんおさけをのんだ
・ばいとがんばった
・とくになし

色々あったものの、なんやかんやで無難に”大学生”をこなしてくることができた気がします。
評定は置いといてとりあえず単位は回収できたし、色々なサークルに入って大きな仕事もいくつかこなしたし、1年の終わりからは飲食店でバイトを始めてまあまあ稼いだし、成人してからはつくばという土地柄もあってか毎週のように誰かの家で集まって酒を飲みつつスマブラしたし。
振り返ってみて、それなりに楽しい2年間だったな、と思います。

何もできなかった

ただ、この2年間で「何をしたか」を考えるとパッと出てこないんですよね。
別に全員が全員何かを成し遂げなければいけないわけでも、他の人とは違う特別なことをしなければいけないわけでもない、ということはわかっています。
それでも、この2年間は常に「何かをしたい」という考えが頭の隅にありました。

「好きなものは色々あるけど、”自分がやりたいこと” ”自分ができること”、って何だろう」という考えに今でもずっと囚われていて。
周りを見ては「この人はこんなことやってて凄い」とか「あの人はこうなのに自分は何もできない」と勝手に落ち込むことを繰り返してきました。


大学って、当たり前だけど同世代の人間がいっぱいいるわけじゃないですか。そうなると嫌でも”凄い同世代の人”の存在を認識させられるんですよね。
何が”凄い”のかというのは、研究や技術的なものから、趣味の延長にあるようなものまで様々です。自分にはないものを持っている人のことは大抵「凄いなあ」と思って見ています。

で、別に自分もそうなる必要はないんでしょうが、なんか悔しい気持ちになってしまって。
かといって自分から何か行動を起こすこともせず、「自分には何もできない」と、ひたすら落ち込んでいました。


ちなみに知り合いの作ったアドベントカレンダーに参加してこのブログを始めたのは、「とりあえず何かをしたい」という気持ちがあったから、という裏話があります。
今年になってからはDJやVJも始めましたが、それもこの「何かをしたい」という気持ちから来ています。

今でも自分に何ができるのかとか、自分が何をしたいのかはわかっていないんですが、年が明けてからは何事においてもちょっと前向きになったような気がします。多分プリチャンのおかげです。

やってみなくちゃわからない わからなかったらやってみよう!

このセリフにプリチャンのすべてが詰まっています。今月から新シリーズが始まるのでぜひ見てみてください。


話が逸れましたが、「自分は何もできない」問題に関連してもう一つ懸念事項がありまして。

何を学ぶんだ

自分がいま在籍している学類(学科)は好きです。ただ、この学類に何を学びに来たのかと言われると、「特にない」んですよね。
あまりこういうことを言うのは良くないんでしょうが、正直に言ってしまうと「元々はこの学類を志望しておらず、第一志望に落ちたから来た」んですね。
私は後期試験でここに入ったんですが、第一志望はまた別のところを受けていました。
前期に落ち、後期のここに拾ってもらってそのまま入学しましたが、何か目的があって入学したわけではありませんでした。

先月に主専攻の配属調査があり、無事に第一希望の専攻に配属されました。
ただ、入学した頃から専攻をどこにするかずっと決めかねていて、選び方は結局消去法で。
なぜなら、この学類でやりたいこと、学びたいことがはっきりしていないから。

この学類に来たことを後悔してはいないし、むしろこっちの方が自分には合ってたのかもしれない、とさえ思います。
ただ、ここで何がしたいのかわからない。

1年もしないうちに卒業研究のテーマと研究室を決めなければならないのに、やりたいことがない。
「自分はいったいここに何しに来たんだろう」と思っています。
このままじゃ、この4年間はただの「大学卒業」という肩書を手に入れるための時間になってしまうな、と。
そもそもこのまま行って卒業研究のテーマが見つからなかったら卒業さすることさえできません。

学費を親に出してもらい、入試という制度の都合上、他にここを受けていた人たちの枠を奪う形で、今自分はこの学類で学ぶことができています。このままでいいのか、と考えてはいるんですが、そう簡単に答えは出ないですね。難しい。

3年生になれば、授業の内容は各々の専攻について掘り下げる、深い内容のものになってくると思います。
授業内容を通して、自分のやりたいことが見つかればいいなあ。


将来のこと

こっちが今回のメインみたいなとこがありますが、将来の話です。

先日、20卒生の就活が解禁され、就活関連のツイートがちらほら見受けられるようになりました。
この春休み、どこかのインターンに参加したかったんですが、成人式のための帰省やら何やらで結局どこにも行けず。

なんとなく考えていること

なんとなく考えていることなんですが、将来はコンテンツ産業とかエンタメ系にかかわる仕事がしたいな、と思っています。
過去記事を見ればわかりますが、自分は所謂「アニメや声優のオタク」なので、自分の好きなものに関わる仕事がしたいな、と。
後は、ライブのブルーレイなどの特典映像でドキュメントがあるじゃないですか。ああいうのを見ていると、「自分もこうやって人に何かを届ける手伝いがしたい」みたいな考えが浮かぶんですね。

こんな簡単に「やりたいなあ」と言っていますが、そう甘くないということはわかっています。
そもそも就職することが難しいし、コネもないし、就職できたところで険しい道が待っているだろうし、就職後に現実を見て「やっぱり無理だ」と諦めてしまうかもしれません。
それでも、安定した職だとか会社で堅実に生きていくことを目指すより、たとえ茨の道でもやりたいことに挑戦してみたいという気持ちがでてきてしまったので、今のところはこの方向性で行こうと思います。

そうだ インターン、行こう。

自分の思い描く将来のために、何かしているのか。今のところ何もできていません。

昨年度、一夜漬けで選考課題に挑んだ某超大手レコード会社の1dayインターンには奇跡的に参加できましたが(倍率40倍)、その先の長期インターンの選考には落ち、インターンの最後に行われた社員との懇親会でもただぼーっと人だかりのなかで話を聞くことしかできませんでした。

自分には、担当者の目を引くような経歴も、コネも、頭の回転の良さも、語学力も、コミュ力も、話の上手さも、ろんりてきしこーりょくも、その他諸々の技術も何もありません。


じゃあどうするのかと考えたときに、「そうだ インターン、行こう。」というJR東海みたいなことを思いつきました。
インターンを通して、実際に働くという経験をし、業界について学んだり、自分の何かを変えたりできたらいいなと。
そして何より、自分に一番足りていない「人脈」と「コミュ力」を伸ばしていけたらいいなと。


そうと決まればさっそくインターンに応募しよう!!!…と思ったのですが、自分の行きたい方面のインターンってなかなかないんですよね。
しかも、インターンって「平日の9時~19時の中で○日以上」みたいな条件が多いんですよ。
学校に通いながら、つくばから平日のその時間に出社するのはかなり厳しいものがありまして。
こういう時に「都心の大学ならな~」と思ってしまいますが、そんなことは言ってられません。

自分の行きたい業界と少しズレていてもいいから、まずはインターンを通して色々な経験をしてみようと思い、先日ある会社のインターンに応募したのですが、どうやら人手が足りてしまったようで返信が来ず。
現在都内の別の会社に申し込んでいますが、つくばから通うとなると条件的に難しいかもなあと思っています。

様々なサイトを利用して探してはいるのですが、なかなか条件に合うインターンが見つからない状況です。
これを読んでいる方の中で、なにか心当たりがあればぜひ教えていただきたいなと思います。
インターンじゃなくて、アルバイトとしてその手の仕事に関われるというものでも構いません。



良い時代だよね

世の中には自分一人ではなんとかできないことがたくさんあると思うのでね、こういう時に「この記事を読んでくれた人」という人のつながりから何か得られないかな、と思っています。

自分からこうやって知ってる人や知らない人に向けて、自宅に居ながら何らかのアプローチができるので良い時代だな~~~と感じます。今やその気になればSNSで会社のお偉いさんに気軽に連絡(リプとか)できちゃう時代ですし。平成最高~~~~~!
でもやっぱり元号にそんなに思い入れはないですね。


ブログを書くことは割と好きなので、この記事を書くことで少しでもなにかが変わったら良いなあと思ってだらだら書きました。











【前半】今年良かった楽曲の話 - お気持ち海水浴場これの後半のやつ、丸3か月経っても書き終わらない、たすけて